"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 刘婷 推荐于 2013-07-31 16:05
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:生活
此原文由 发现 推荐
安室奈美恵が次々とヒット曲をだし、いわゆるガングロと呼ばれる女子高生たちが街にあふれていた頃、当時学生だった私は、小麦色の肌に猛烈に憧れた。
 
 “紫外線は肌の老化を早める”という事実は、自分とは無関係の話だと思っていたあの頃…。さらに、焼けた肌ってかっこいい、という刷り込みが尾をひいてしまったのか、いまだに日焼けに抵抗がなく、日焼け止めすら塗らずにすごしてしまうことが多い。
 
?でも、紫外線を浴びるということは、ただ日に焼けたり、シミができたりするだけではない。紫外線を浴びた肌はメラニン色素をつくりだし、それがうまく排せつされないとシミの原因になる。でも、さらに真皮にまで達すれば、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけ、しわやたるみの原因となるのだ。
 
?しわには良いも悪いも歴史を感じさせるものがあるが、たるみには苦労や疲れを垣間見てしまう。「いや~、そのしわとたるみ、若々しく見えますね!」なんてことには絶対にならない。男性は女性ほどには若く見られたい欲求はないというが「貫禄がありますね」はうれしくても「老けて見えますね」と言われたいとは思わないはずだ。
 
?こうしていとも簡単に老ける原因をつくりだしてしまう紫外線量のピークは、昼前後の10時から14時。この4時間ほどの時間の間で、1日の紫外線量の6割に届いてしまうのだからおそろしい。「その時間はオフィスでパソコンに向かっているから大丈夫」というのは間違いで、紫外線は屋内にいても窓ガラスを通過してくるという。
 
「実年齢より若く見える」
 そんな男性の食事記録とは
 
?でも、そんな紫外線の話に興味があるのは女性だけ?…とおもいきや、最近は日焼け止めクリームは欠かさない、とか、どこのメーカーのものが良い、なんて話までする男性が少なくない。
 
?さらに、エステの種類は様々だが、小顔エステや、ネイルケアをする男性の話を聞く機会も増えてきた。最初はびっくりしたものの、営業職や経営者の“自分の顔が名刺みたいなものです”という男性ばかりで、なるほど納得。ゆとりがあるからエステに行けるのか、その努力がゆとりを生み出すのかはわからないが、仕事が波にのっている人ばかりだ。
 
?さらに、肌艶がよく、実年齢よりも若く見える。そんな人たちの食事記録を見ると、一見、女性の食事記録と思ってしまいそうな食材が並んでいることに驚かされる。

アボカド、サーモン、ブロッコリー、パプリカ、フルーツ…。モデルの朝食かと思ってしまうようなラインナップだ。「好きだから」食べているらしいが、カップラーメンや揚げ物を「好きだから」食べている人の肌艶とはやはり何か違う。そして、それらに多く含まれる栄養素をみていくと、理にかなっていると思わされるものばかりだ。
 
シミ予防にはサーモン、うなぎ
 シミを薄くするにはビタミンCを
 
?今回は夏場に気になるシミに注目するが、シミ対策は2本立てで考える必要がある。まずは、これからできるシミを予防すること。そして、すでにできてしまったシミを薄くすることだ。
 
?まず、シミを予防するためには、紫外線によって増加する活性酸素に対抗する“抗酸化作用”を意識したい。それは、若返りのビタミンともいわれるビタミンE。サーモン、うなぎ、植物油などに多く含まれるが、それ自体が酸化(老化)しやすいので、できるだけ鮮度の良いものを摂取した方が良い。たとえば、植物油であれば、小さいパッケージのものを買い、間違っても何年ものの…なんてことにはしないように。ビタミンEといえば、末梢血管を拡張させて血行をよくする働きもあるので、顔色のトーンアップも期待できる。
 
?そして、パプリカや果物に多いビタミンCを一緒に摂ると、ビタミンEの酸化を防ぐ働きをしてくれる。ビタミンCには肌のはりつやを保つコラーゲンの生成を助ける働きもあるから、一石二鳥、という感じだ。
 
?そして、後者のすでにできてしまったシミを改善するとき…ここでもビタミンCの登場だ。ビタミンCは、メラニンの生成を抑えるうえに、メラニン色素を還元してシミを薄くする、というダブルの美白効果があるのだ。ビタミンCって、なんてすばらしい栄養素なんだろう!…と思うが、問題は、ビタミンCは体内に蓄えておけず、とれるときにまとめてとろう、では成り立たないこと。
 
?水不足で、トマトやレタスなど、生で食べられる野菜は値上がりしているというが、比較的入手しやすく、ビタミンCが豊富なのは次の野菜だ。
 
ブロッコリー??????120㎎
 ゴーヤ?????????76㎎
 キウイ?????????69㎎
 キャベツ????????41㎎
 (いずれも、食品100g中の含有量)

ビタミンCの1日の摂取基準は100㎎とされている。朝は果物を食べ、昼は添え物の千切りキャベツやサラダを残さず食べ、夜は居酒屋でゴーヤチャンプルをいただく。そう考えれば、そんなに難しい話ではないかもしれない。
 
?余談だが、老けて見える上に、「なんだかお仕事が大変そう(うまくいっていなそう)」と思われてしまう外見の特徴に、“くま”がある。血行不良や加齢など、原因は様々だが、茶ぐま、とよばれるものは食事による改善が考えられる。茶ぐまとは、目の下に小さなシミが連なるようにできたり、こすることによる色素沈着などが原因とされる。原因が原因なだけに、シミと同様に、メラニンの生成を抑えるビタミンCが一役買ってくれるだろう。
 
一刻も早くシミを改善したいなら
 レバー、さば、にんじんを食べよう
 
?そして、少しでも早くシミを改善したい!と思うなら、レバーやさば、うなぎに多いビタミンB2も意識してみよう。ビタミンB2には細胞の再生や成長を促す働きがあり、肌の新陳代謝が高まることでメラニン色素を排せつしてくれる。タンパク源に多く含まれるので、夏バテでそばだけ…など、メイン料理なしの生活をしていなければ摂りやすいはずだ。
 
?また、同じように新陳代謝を高め、皮膚の健康維持に一役買ってくれるのはビタミンA。ビタミンAは体内に蓄えておける性質があるので、毎食毎食意識しなくても許されるのがありがたい。
 
鶏レバー?100g?????14000μgRE
 うなぎ??100g?????1500μgRE
 にんじん?100g?????680μgRE
 にら???100g?????290μgRE
 小松菜??100g?????260μgRE
 
?炒めものに向くような食材が多く感じるが、実際に、ビタミンAは脂溶性で、油に溶けると吸収がよくなるので、鮮度の高い油でパパッと炒めていただくのがおすすめだ。
 
?そして、もしもシミが目立たないくらいに肌全体のくすみが進行しているようであれば、おやつが食事代わりになっていないか、ファストフードに偏ってないか、豚バラやベーコンのように脂肪を多く含む肉ばかり選んでないか、買ってきた揚げ物や炒め物が多くないか…そういったことを改善することが先決である。

不規則な生活は
 せっかくの栄養も台無しに
 
?ただ、せっかく栄養面でケアしても、不規則な食事や睡眠不足が続けば新陳代謝がスムーズに行われにくくなる。そうすると、古い角質細胞が残って、メラニン色素が沈着し、それもまたシミやそばかすの原因になるのだ。仕事が忙しく、不規則な生活になると、おのずと食べられるものや行けるお店が限られてくる。コンビニにいっても、深夜にあるのは健康を意識したお弁当やサラダではなくパスタやサンドイッチなど、彩りが寂しいものが多くなる。新陳代謝が落ちている上に、食べているものも防御にならないと、余計に肌の老化も早まる、そんな悪循環なのだ。
 
?太陽がギラギラ輝くこの時期は、通勤するだけで日焼けしてしまいそうだが、そういった日焼けによるダメージも、新陳代謝のリズムを乱してしまう。せっかくの夏休み、クーラーのきいた室内でのんびりもいいけれど、せめて、昼夜逆転の好き放題生活をして肌の老化を進めないようにしたいものだ。
 
?最後に、女性にとっては常識的なことかもしれないが、男性はあまり触れる機会がないかもしれないので、日焼け止めの選び方を少しお話しておきたい。紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があり、その両方を防ぐことが欠かせない。そのため、日焼け止め化粧品には、紫外線A波のカット効果を示す「PA」と紫外線B波のカット効果を示す「SPF」の表記がある。夏場の通勤や散歩などの日常使いにはSPF20前後、PA++を目安にすると良いだろう。食べ物を選んで中から防御することができないときには、せめて外から。今日の仕事帰り、スーパーに行くか薬局に行くか…。でも、コンビニにいけばその両方が手に入るという便利な世の中だ。

本文还没有人在翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583